So-net無料ブログ作成
-| 2009年04月 |2009年05月 ブログトップ
前の10件 | -

戦場のヴァルキュリア オープニング [戦場のヴァルキュリア]

HINAKA さんに影響をうけまして、
戦場のヴァルキュリア オープニングを貼って見ました。

外人が歌っているとは思えないし、
その人が、独学で日本のアニソン覚えて、デビューしたなんて知りませんでした。
びっくりです。


けいおん! エンディング [けいおん!]

けいおん! エンディング

なかなかいい曲だなぁっと思います。
貼り方を知ったので、貼ってみました。






Don’t say“lazy”(初回限定盤)

Don’t say“lazy”(初回限定盤)

  • アーティスト: 桜高軽音部,大森祥子,小森茂生
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD



亡念のザムド 第3話 [アニメ]

亡念のザムド 第3話

ナキアミに助けられたアキユキが、ザンバニ号でひともめあったりしますが
ザンバニ号に乗る決心をする・・・。

ザムドがなんなのか、謎ですが、
結構深刻な話みたいですが、テンポとノリがよくていいですねぇ~。

井上麻里奈がここにもでてますなぁ。
アキユキって、ずっときいたことある声だなぁって思っていたけど
インデックス(とある魔術の黙示録)のトウマだ~。

でも、やっぱり、大人のナウシカとエウレカのミックスだなぁ、これは~。

けいおん! 第3話 [けいおん!]

けいおん! 第3話

他では、水着まつりで話題になっているというのに
まだその前の話だったりします。

この時間差って、なんかやだなぁ。

ザムドなんて、半年おくれだもんなぁ。

けいおん!は、なんかあんまり音楽の話にならないなぁ。
ずっとこんなもんなんでしょうかね。

ぼのぼの感は、らき☆すた や みなみけ みたいで
バカっぽいのは、クラナドのギャグパートみたいで
いいとはおもうけど。
もう、ひとパンチあればなぁ~と。
京アニなのになぁ。

自分的には、咲-saki-のほうがおもしろいかなぁ。

戦場のヴァルキュリア 第4話 [戦場のヴァルキュリア]

戦場のヴァルキュリア 第4話

でました~!
ゴールドロジャーとブラックジャック! 大塚親子の競演!
どっちも渋いっすね~。
しかも、ルルーシュまで~!
盛り上がってきた~!!

戦ヴァルって、 はじめは微妙かなぁと思ってたけど
なんか、おもしろくなってきましたね~。
(でもなぜが、図書館戦争みたいな雰囲気を感じますが・・・)

咲-saki- 第3話 [咲-Saki-]

咲-saki- 第3話
やっと見れました。
こちらでは、まだ3話で・・・。

いやー、今回もメンチンをリンシャンツモ!
しかも、イーピン暗カンで・・・。
ありえないけど、気持ちいいあがり方っすね。

国士テンパイしているのも、すごすぎ!

第2話の、西の暗カンで、リンシャンツモ のスーアンコウっていうのも
すごすぎ!

でも、トーナメントって、どうやってやるのかな?
あのトーナメント表ってすごくない?
1校で5人出場して、トップが多いのが勝ちなのでしょうか?

新鋼の錬金術師 第3話 第4話 [新 鋼の錬金術師]

新鋼の錬金術師 第3話 第4話

第3話
リオールの邪教を倒す話。
ロゼが出てくる話。
前作は、ロゼをかなり重要な位置に持ってきていて、あとあとまで引っ張って
きてました。
今回はどうするのでしょうね。
全体的にいううと、駆け足で、話を1話につめこんだ感があり、
ものたりなかったなぁ

第4話
タッカーの話。
自分の娘とその愛犬をキメラ練成してしまう。
この話は、だいたい原作に近い話でしたが、

炭鉱の話と列車のテロ逮捕の話を飛ばしてしまった・・・。
どうして原作通りにやらないのかなぁ。

なにか、ねらいがあるのかな?
前作で原作の話と大きくかけ離れてきた分岐点の
ヒューズが殺されるあたりまで、駆け足ですすめてしまうのでしょうかね。

2クールでおわるのかな?というか、このままで、2クールまでもつのかなぁ?




夏のあらし! 第1話 [夏のあらし!]

夏のあらし! 第1話。

あまり評判がよくないようでしたが、とりあえず見ておこうかなぁ・・・
という感じで見ました。

が!

意外にも、自分的にはツボにきました。

設定がよくわからなけったけど、タイムトラベルできる昔の人(女の子)の話。
幽霊って話はどうなったのかなぁ。
タイプスリップネタは、結構好きなんですよね~。
タイムパラドックスなんか特に・・・
ドタバタギャグネタで、楽しければ、話の展開は、もうどうでもいいや。

シャフト制作のわりには、まだまともっぽいですね。
でも、シャフトは、あいかわらず独特の見せ方するなぁ。
すぐにシャフトってわかってしまいますね。

あと、声優さんがムダに豪華なんですね~。意外・・・。
白石さん、今期何本でてるんですか?
ソウルイーターのマカの声の人も出てます。
ずいぶん上手になったよね~。

そういえば、戸松さんと入野さんも出まくってますね・・・
クロスゲームとアスラクラインなんて、この二人のコンビが、
完全にかぶってます!!


クロスゲーム 第1話 第2話 [クロスゲーム]

クロスゲーム 第1話 第2話
第1話見逃してしまって、つづけて見ました。

あだち充は、ひさしぶりだなぁ~。
なつかしいなぁ~。

あだち充の原作が好きで、みゆき もスピリッツで読んでたなぁ。
(そういえば、みゆきのアニメは最悪だったなぁ。絵が原作と全く違っていて、声優も棒読み)
陽あたり良好 や ナイン も好きだったな。
タッチの途中から飽きてきて読まなくなってきて・・・。
(タッチのアニメもあまりちゃんと見てなっかたです)
H2も、ちらっとは見たかな。

おっと、なつかしさのあまり、脱線してしまいました。

クロスゲームの話にもどしまして・・・

第1話まるまる子どものときの話。
たしかに重要な話だとは思いますが、第1話でする必要がなかったような気がします。
キャラクターに感情移入していない状況で、若葉が死んでしまう昔話をされても、
ふーんって感じでした。

第2話から、中学3年の話。これが第1話のほうがよかったような気がします。
(う~ん。新ハガレンと同じ失敗してるなぁ~。はやってんのかな?)
若葉が死んでしまったことを匂わす会話だけで十分に伝わるのでは?
原作どうりなのかは知りませんが・・・。

第2話は、あだち充の空気感が全開。これぞ、あだち充って感じです。

毎度のことながら、こっから、核心の話になるまでにそうとう時間かかるのだろうなぁ~。
途中で飽きたらごめんなさい・・・ですね。




みゆき 1 新装版 (1) (ヤングサンデーコミックス ワイド版)

みゆき 1 新装版 (1) (ヤングサンデーコミックス ワイド版)

  • 作者: あだち 充
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/05/28
  • メディア: コミック




ナイン 1 (1) (少年サンデーコミックスワイド版)

ナイン 1 (1) (少年サンデーコミックスワイド版)

  • 作者: あだち 充
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1990/04
  • メディア: -




タッチ (1) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

タッチ (1) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

  • 作者: あだち 充
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1992/05
  • メディア: -




H2 (1) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

H2 (1) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)

  • 作者: あだち 充
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/08/06
  • メディア: コミック




クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス)

クロスゲーム (1) (少年サンデーコミックス)

  • 作者: あだち 充
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/09/02
  • メディア: コミック



亡念のザムド 第1話 [アニメ]

亡念のザムド 第1話。

名前は聞いたことありましたが、どんなのかなぁと 何気なく見ました。

見てびっくり。絵がきれいで、レベル高いな~!
と思ったら ボンズ制作。
さすがボンズ。

話のテンポもよくて、なかなかいい感じでした。

近未来的な世界観で、高校生の少年がエイリアンに寄生される?
この先、戦いになっていくのかどうかわかりませんが、
あまり暗い話にならなければいいのになぁ。


でも、なんか ナウシカのような女の子が、ガンシップのような飛行機に乗っていたり
キャラクターの顔が、エウレカセブンのキャラのように見えたり・・・

ジブリとエウレカが混じったような感じがしたのですが・・・
自分だけでしょうか。

ザムドってなんだろう。主人公がエイリアン?になったからその名前かなぁ。



前の10件 | -
-|2009年04月 |2009年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。